フランスでの薬膳講座 @Tours /france

今回はフランスの4つの地方を3週間
現地で暮らすような滞在

各地方に住む友人のおかげで
毎日のように
たくさんの方と出会えたこと
私にとってとっても有意義で
貴重な3週間でした。

そして6月のフランスは本当に
楽しい季節だよー!と
フランス人の友達みんなが
言っていた意味がわかりました。

日本では蒸し暑く、湿気の多い
季節ですが、フランスは本当に
素晴らしい気候でした。
日中の気温は高いのですが、
湿度が低く、カラッとした天気。
夜も10時くらいまで明るく
青い空の下、この時期は昼も夜も基本
テラスで食事をします。
日本での夏の太陽の存在とは全く真逆。
太陽が食事をするときとても重要なことで
身近な存在に思えました。
ソレイユ(フランス語で太陽という意味)という言葉が
必ず会話に出てきます。

この湿度の違いにより
天候や環境がどれだけ身体にとって影響を
与えるか実感。
(まさに人体実験です)
これは日本とは違うフランスの食文化に
つながります。
この話は薬膳にもつながる話なので
また薬膳講座の時に
お伝えしたいと思います。

そして今回
フランスのロワール地方の中心の町
トゥールのシャトーで
薬膳料理教室を開催いたしました。

前日の朝に
アンボワーズのマルシェへ行き、
ロワールの地産地消の食材を購入し、
アジア食材の店、Bioの店など
へも出かけて準備しました。

男女合わせて8名みんなで
料理をしてロワール地方の美味しいワイン vouvray で乾杯。

参加してくださった方の中には
ワインの醸造家の方も
参加してくださり、
なんとお土産まで頂きました♡
とっても美味しいワインなので
次回行った際は見学に行き、
色々とお話を伺いたいと思います。

全く日本語が通じない中、
みなさんで料理しながらの
フランス語での講座は
かなり緊張しましたが、
色々な話の中で健康に対しての
考え方を直接聞くことができたのは
本当に貴重な経験でした。

今回は献立を
ついつい欲張ってしまい
作る工程がたくさんありすぎて
時間との戦い。
もっと丁寧に作り、
ゆっくりとした時間を
楽しみながらの講座の予定が
食材や料理の説明が
メインになってしまい反省

次回はフランス語で
中医学のことを
もっとお話したいと思います。




Merci beaucoup pour participants très actifs.
Je suis très contente d’avoir pu vous parler .
Je serais ravi de vous revoir .
A la santé de tous!

Instagramでフランスの食にまつわる写真を
アップしています。
ご興味のある方は良かったらフォローして
覗いていただけたら幸いです